【スマホ悩み相談】iTunes課金できない?対処法から比較まで

2017/10/03

端末に詳しくない女子でもわかる【スマホ悩み相談】をスタート!今回は、課金できない場合です。iPhoneを使っていると、iTunesで音楽などのサービスを利用したり、アプリ内で有料のアイテムを購入したりと課金する機会が多いもの。しかし突然課金できない事象を経験したQrun編集部員。その症状と解決法をご紹介します。
【スマホ悩み相談】iTunes課金できない?対処法から比較まで

itunesアプリ課金できない日は突然やってくるかも?

仕事中のQrun編集部員Aがスマホを眺めながらフリーズしています。
横から声をかけてみると・・・

「なぜかiphoneのアプリ課金ができない!」とのこと。

設定を変更した覚えはないとのことですが、社用端末のため他のメンバーが不意に変更した可能性もあります。

アプリ課金をしなければコンテンツチェックが進められないので、Qrun編集部で早急に課金できない原因を調査いたしました!

itunesアプリ課金できない原因1 iPhoneに制限がかかっている

iPhoneにはApp内課金の機能制限というものが付いています。これがオンになっていると、iTunesでの課金はもちろん、他のアプリでも簡単には課金ができないという状況になります。意外と見落としがちなのがこのパターンです。

解決方法は簡単です。
1.iPhoneの「設定」の「一般」、「機能制限」に入ります。
2.その項目の中に「App課金」があるので、オフにします。
ただ、機能制限独自のパスワードがあるので、それを忘れると少々手間がかかってしまいます。
3.パスワードを入力してApp課金をオフにすれば、iTunesで課金してコンテンツを楽しめるようになります。

基本的には親御さんが小さい子供が間違って課金してしまったりするのを防ぐようにするために使うことが多いようですが、何かの拍子に制限をかけてしまった、というパターンも多いようです。

itunesアプリ課金できない原因2 支払い情報を登録していない

iTunes決済時に、支払い情報を登録していなければ決済することはできません。また、iTunesカードの残高が不足している場合ももちろん決済することができません。

この場合「お支払い情報が必要です」という警告が表示されます。

このメッセージが表示された場合は、クレジットカードの情報を入力するか、iTunesカード残高が足りていないので、iTunesカードにチャージをすればiTunes決済をすることができます。

クレジットカードで支払う場合は、
警告の画面から「続ける」を選択し、
アカウントの画面が出てくるので、必要な情報を入力すると課金できるようになります。

iTunesカードで支払う場合は、
警告の画面で「キャンセル」を選んで画面を閉じます。
iTunesストアを開き、ページの一番下にある「コードを使う」を選択。
画面の指示に従ってコードを読み込むとチャージされるので、チャージされた金額分の課金ができるようになります。

クレジットカードの情報を入力したにも関わらず決済できない場合は、クレジットカードに問題がある可能性がありますので、クレジットカード会社に連絡してみてくださいね。

itunesアプリ課金できない原因3 クレジットカードの情報に問題がある

iTunes決済時に、登録してあるクレジットカードの情報に問題がある場合、「現在のお支払い方法はご利用になれません」または「前回のご購入に請求処理上の問題があります」」というメッセージが表示されます。

「現在のお支払い方法はご利用になれません」と表示された場合に考えられるのは、使用しているクレジットカードの利用残高が上限に達している可能性です。

この場合は、PCでiTunesを起動し、前回の購入履歴を確認します。
すると、「今回のご購入について、ご利用のクレジットカードの了承が得られませんでした」というメッセージが表示されているはずです。

他のカードを登録して使ったり、iTunesカードを使って決済しましょう。

「前回のご購入に請求処理上の問題があります」というメッセージの場合は、登録しているクレジットカードの情報が間違っている可能性が高いです。

クレジットカードの情報が間違っていないか、ゆっくり落ち着いて確認してみましょう。

あとはカードの更新時期にも要注意です。

itunesアプリ課金できない原因4 短期間で課金をしすぎた

短期間にiTunesなどで多額の課金をすると、
「購入を完了できませんでした。詳細についてはiTunesサポートへご連絡ください」という警告がURLとともに出ます。

解決するには、iTunesのサポートセンターにメールか電話で問い合わせして状況を説明し、解消してもうらうしかありません。少し面倒ですね。

リンクを踏んで、
「Appleサポートに問い合わせる」
「iTunesとAppleMusic」
「iTunes Store」
「購入、請求およびコード」
「iTunes Storeから購入できない」
までたどり着くと、メールと電話、どっちのサポート方法を希望するか聞かれるので選択してください。

メールでの問い合わせを推奨しているようです。電話でのサポートの場合、数日後の日程が選択できます。

iTunesでの課金は魅力的ですが、使いすぎるてしまうと面倒なことになるので要注意です。

「課金しすぎない」というのが一番の対処法ということですね。

itunesアプリ課金できない原因その他

この他にも、iosをアップグレードしたら決済できなくなった、という事例もあるようです。この場合は自分ではどうにもならないので、osの新しいバージョンを待つしかないようです。
また、iPhoneを再起動したら決済できるようになったという事例もあるようですので試してみてはいかがでしょうか。

itunesアプリ課金を計画的に

Iphoneでアプリ課金ができなくならないためには、計画的な利用も大切です。
計画的に利用するために、Qrun編集部員Mがおすすめするのが、itunesコード。

毎月10000円と決めて、月初に購入しているそう。
仕事上、ゲームなどの課金も多いのですが、プライベートでみたい映画や読みたい本も、その中から楽しむことにしているというのです。

しかも、オンライン購入なら必要なときにすぐ購入できて便利です。
年に何度かお得に購入できるキャンペーンも実施しているので、まめにチェックするのもおすすめです。
オンライン購入の方法はこちらから!!
au Online Shop

itunesアプリ課金できない原因まとめ

今回は、アプリ課金できない原因と対処法をご紹介いたしました。
Iphone自体に制限がかかってしまっていないか、支払情報は登録されているかといった基本的な設定をチェックし、問題なければ支払情報が正しいか、また短期間で課金をしすぎていないかを確認してみてください。
計画的に課金するのであれば、itunesコードの利用がおすすめです。!!
au Online Shop
25 件

この記事が気に入ったらシェアしてね♪

- 関連するタグ -