AppleIDの不正利用にあわないために。不正請求と返金方法

2018/03/28

Appleの提供するサービスを利用するときにユーザーを識別するためのAppleID。このAppleIDを他人に不正利用されてしまうという事象が起きているようです。今回は、不正利用を防ぐための対策と、もしも不正利用されてしまった場合の対処法をご紹介します。
AppleIDの不正利用にあわないために。不正請求と返金方法

AppleIDの不正利用を防ぐには

不正利用を防ぐために、まずできることは、パスワードを複雑なものにすることです。

AppleIDを取得するときにパスワードを決めますが、自分の誕生日や単純な数字の羅列にしてしまうと簡単にアカウントが乗っ取られてしまいます。

パスワードはあとから変更することも可能なので、まずはパスワードを複雑なものに設定しておきましょう。
パスワードは他人には絶対に教えてはいけません。

さらにAppleでは「2ステップ認証」や「2ファクタ認証」といったセキュリティ対策を提供しています。

こちらの設定をしておけば、セキュリティはより強固なものになります。

不正利用されてしまった場合

12 件

この記事が気に入ったらシェアしてね♪

- 関連するタグ -