少女漫画を映画化した名作5選。胸キュンを求めているあなたに

2017/11/21

今までで少女漫画を映画化した作品はたくさん存在します。その中でも胸キュンしまくりの映画を5選を厳選しました!そして、2017年・2018年の少女漫画の映画化作品もご紹介致します!
少女漫画を映画化した名作5選。胸キュンを求めているあなたに

[PR]コンビニよりもお得にiTunesカードが購入できちゃう!? au公式通販サイト「au Online Shop」で今すぐゲット!!

[PR]モテ女子なら、今からスタート! 美容脱毛サロン[コロリー]
女子向けアニメ・漫画・ゲームの最新情報なら「numan(ヌーマン)」
声優やアニメなどのプレゼント企画も随時開催中!
気になる女子は、こちらから・・・☆
numan(ヌーマン)

少女漫画を映画化した作品は胸キュン満載!

女子なら、いくつになっても映画や漫画で胸キュンしたいときありますよね

今回は、そんなときにぴったりの、あなたの胸をキュンキュンさせてくれるような映画を見ませんか?
どれも人気少女漫画が原作の映画なので、女の子のツボを押さえたキュンキュンなイケメン男子が登場する漫画ばかりです。
なんだか疲れた夜、ゆっくりと過ごしたい休日、たまには一人で映画鑑賞をしてみませんか?きっとあなたの心を癒してくれるはずですよ。

少女漫画を映画化した作品1:『カノジョは嘘を愛しすぎてる』

青木琴美の少女漫画が原作となっている『カノジョは嘘を愛しすぎてる』。
佐藤健と大原櫻子がメインキャストを務める映画となっています。
音楽業界ですれ違いながらも惹かれあう二人の姿を描いた作品で、イケメンがたくさん出てくる点も胸キュンポイントが高め。
あまり本気の恋愛をしてこなかったと言うアキからストレートに伝えられる言葉にドキドキさせられっぱなしのヒロイン。
だけど今まで出会ったこともないような女の子に惹かれるアキの気持ちも丁寧に描かれているので、二人のじれったさに胸キュンが止まりません!
大原櫻子が歌う挿入歌が、さらにキュンキュンを増加してくれるいい役割を担っています。

少女漫画を映画化した作品2:『君に届け』

次に紹介するのは、椎名軽穂の少女漫画が原作で、アニメ化もされている人気作品『君に届け』の映画です。
三浦春馬が爽やかイケメン・風早を、そして多部未華子が貞子とあだ名をつけられるほど暗い女子高生・爽子を演じています。
イケメンと暗い女の子の恋愛物語がメインのストーリーとなっているのですが、高校生らしい成長や友達同士の関係などもしっかりと描かれていて、どの年代が見ても胸キュンできること間違いなしの映画です。
『君に届け』のおススメポイントは、爽やかイケメンな風早君が爽子のことになると必死になったり、男らしい一面を見せたりするのがすごくかっこ良いところでしょうか。

少女漫画を映画化した作品3:『アオハライド』

『アオハライド』は咲坂伊緒の少女漫画が原作となっていて、アニメ化もされている作品の映画です。
こちらの映画では本田翼と東出昌大がメインキャストを務めています。

クールなメインキャラクターの洸の人気はもちろん高いですが、ヒロイン・双葉に想いを寄せる菊池君の人気も意外と高いんですよね。
全く違う種類のイケメンを楽しむことができる胸キュン作品です。

『アオハライド』とは「青春にライドする」と言う意味の造語となっていて、とにかく高校生の青春を詰め込んだような映画に仕上がっていると言う印象。
若かりし頃の、昔の自分を思い出して、キュンキュンできちゃうのがこの映画のおすすめポイントです。

少女漫画を映画化した作品4:『orange-オレンジ-』

高野苺原作の少女漫画が原作の『orange-オレンジ-』映画版は、土屋太鳳と山﨑賢人がメインキャストを務める作品です。

ある日未来の自分から手紙が届いて、1年後に死んでしまう同級生を助けてほしいと頼まれます。
男性からの言葉にキュンキュンすると言うよりは、ヒロインの女の子の好きな人を想う気持ちに胸キュンさせられる作品ですね。
彼の死を食い止めるためなら何でもすると言える恋心は、思わず応援したくなってしまう映画です。

少女漫画を映画化した作品5:『黒崎くんの言いなりになんてならない』

マキノ原作の少女漫画を映画化したこちらの作品『黒崎くんの言いなりになんてならない』は、中島健人、小松菜奈、千葉雄大がメインキャストを務めています。

この作品の胸キュンポイントは、何と言っても2人のイケメンから繰り出される萌えワードや仕草の数々。
黒悪魔と呼ばれる黒崎晴人と、白王子と呼ばれる白河タクミの2人からされるアプローチは定番の壁ドンや顎クイなど女の子の夢や願望をぎゅっと詰め込んだ胸キュン映画です。

少女漫画が映画化される作品は、2017年・2018年も盛り沢山!

少女漫画の映画化ブームは、いまだに止まりません!!
2017年・2018年も注目の少女漫画映画化が目白押しです。

一部の作品をご紹介します。

■未成年だけどコドモじゃない(2017年12月23日公開)

「Sho-Comi」で2013年から2016年まで連載されていた人気少女マンガ「未成年だけどコドモじゃない」を実写化した作品。
成績優秀、スポーツ万能な鶴木つるぎ尚なお(中島健人)は、高校の王子様。
そんな尚にひとめぼれした世間知らずなお嬢様・折山おりやま香琳かりん(平祐奈)。
ある日、香琳が16歳の誕生日に両親からプレゼントされたのは、片想いの尚との“結婚”だった!
大好きな尚とのふたりきりの新婚生活に心ときめかせる香琳。
しかし尚は、学校では決して見せない冷たい表情で香琳に言い放つ。
「顔で結婚決めるような女、大っ嫌いなんだ。結婚してることは絶対に秘密にして」
一途な香琳は尚を振り向かせようと慣れない家事や勉強に果敢に挑戦。
尚も少しずつ一生懸命な香琳に心を開いていく―――。
しかし“絶対秘密の結婚”が、
香琳に想いをよせる幼馴染の海老名えびな五十鈴いすず(知念侑李)にばれてしまい、
五十鈴が尚に香琳との“離婚”を迫る!
「俺が香琳の望み、全部叶える」
果たして尚と香琳の結婚×高校生活はどうなってしまうのか!??
鶴木尚役は、Sexy Zoneの中島健人さんが演じ、折山香琳役は平祐奈さんが演じます。
そして、海老名五十鈴役にはHey!Say!JUMPの知念侑李さんが演じます。

「こんな経験してみたい・・・!」と思うようなあまーい恋愛をご堪能ください♪

■プリンシパル~恋する私はヒロインですか?~(2018年3月3日公開)

「Cookie」で2010年から2013年まで連載されていた「プリンシパル」。
累計120万部突破した大人気少女漫画がついに実写化です♪
東京でハブにされ、逃げるように札幌に引っ越してきた糸真。
そこで出会った校内イチのモテ男子・弦と和央はみんなのもの。
抜け駆け禁止は女子の間で暗黙のルール。
二人と仲良くなったら、ハブにされる!!
でも・・・恋に落ちてしまいそう!!
果たして、糸真は恋のヒロインになることができるのかー!?
舘林弦役は、ジャニーズWESTの小瀧望さん。
住友糸真役は、黒島結菜さんが演じ、桜井和央役は高杉真宙さんが演じます。

イケメンにドキドキしたい女子は見逃すな!!!!

■ちはやふる-結び-(2018年3月17日公開)

「BE・LOVE」で2008年から連載中の「ちはやふる」
2016年に「ちはやふる -上の句-」「ちはやふる -下の句-」で実写化され、今回の「ちはやふる-結び-」ではその続編となります。

あらすじはまだ発表されていないので、発表後ご紹介します。

主役の綾瀬千早役は広瀬すずさん、真島太一役は野村周平さんなど前作と変わらない顔ぶれです。
そして、今回の「ちはやふる-結び-」で新たに登場するキャストもいます。
周防久志役は賀来賢人さん、我妻伊織役は清原果耶さん、筑波秋博役に佐野勇人さん、花野菫役に優希美青さんが登場します。

さらに白熱した「ちはやふる」が見れそうですね♪

少女漫画を映画化した名作まとめ

少女漫画を映画化した作品をご紹介しました。
  • 少女漫画を映画化した作品は、胸キュン要素がたっぷり!
  • 少女漫画を映画化にした作品1つ目は、カノジョは嘘を愛しすぎてる
  • 少女漫画を映画化にした作品2つ目は、君に届け
  • 少女漫画を映画化にした作品3つ目は、アオハライド
  • 少女漫画を映画化にした作品4つ目は、orange-オレンジ-
  • 少女漫画を映画化にした作品5つ目は、黒崎くんの言いなりになんてならない
  • 2017年も少女漫画を映画化した作品が続々と登場!


映画を見ながらその世界観に浸る時間は、きっとあなたの疲れやストレスを癒してくれる幸せのひととき。
イケメンのドキドキするような仕草や、恋愛に一直線の女の子の姿に自分を重ねて、胸キュンな夢の時間を楽しんでみてはいかがでしょうか?
きっと悩みストレスを吹き飛ばしてくれるはずですよ♪
50 件

この記事が気に入ったらシェアしてね♪

- 関連するタグ -