iPhoneでApp Store & iTunes ギフトカードをチャージする方法と使い方

2017/12/26

近年すっかり世間に浸透したiPhone。このiPhoneで音楽やアプリなど、買い物ができるApp Store & iTunes ギフトカードというものをご存知でしょうか。 App Store & iTunes ギフトカードを利用すれば、クレジットカードをもっていなくてもiTunes Storeなどで有料のコンテンツを購入することができるんです♪ 今回は、App Store & iTunes ギフトカードをiPhoneへチャージする方法や使い方をご説明します。
iPhoneでApp Store & iTunes ギフトカードをチャージする方法と使い方

2018年のトレンドカラーは「ピンク」「イエロー」に決定!今年はこのデザインが流行る!!

App Store & iTunes ギフトカードとは?

App Store & iTunes ギフトカードは、iTunes Store、Apple Storeなどで利用できるプリペイドカードのこと。

App Store & iTunes ギフトカードを使って有料の音楽や映画などのデジタルデータ、また、有料アプリやアプリ内の有料アイテムやガチャなども購入することができます。

カードはコンビニや家電量販店で売られており、1,500円、3,000円、5,000円、10,000円、バリアブルタイプのカードがあります。
購入したApp Store & iTunes ギフトカードの値段と同じ金額を、iPhoneにチャージすることにより、利用できます。

例えば1,500円のカードを購入してチャージすると、1,500円分のデジタルコンテンツを購入することができるという仕組みです。
チャージした金額分しか使えないので、知らないうちに使いすぎてしまったということがないのがありません♪

「いい曲を見つけてダウンロードしたいけど、クレジットカードをもっていない!」
「スマホゲームの有料アイテムをどうしても購入したい!」

そんな時にApp Store & iTunes ギフトカードをコンビニで買ってきて、iPhoneでチャージして購入、というような使い方ができますよ。

App Store & iTunes ギフトカードをiPhoneにチャージする方法

App Store & iTunes ギフトカードのチャージはとても簡単♪

まずはiPhoneのApp StoreやiTunes Storeアプリを起動します。
トップ画面の一番下までスクロールします。
「コードを使う」をタップして、Apple IDを入力。

そして買ってきたApp Store & iTunes ギフトカードの裏面のラベルを削り、コードを表示します。コードごと削ってしまわないよう、注意してくださいね。

「カメラで読み取る」を選ぶとカメラが起動するので、コードを読み取ればチャージ完了です。

「コードはキーボードでも入力できます」を選ぶと、キーボードが出てくるのでコードを手入力してチャージもできます。
以上の操作で、チャージが完了!
チャージした金額分、好きなコンテンツを購入することができます。

チャージした金額の残高はいつでも確認することができます。
iTunes StoreやApp Storeのアプリであれば、トップ画面の一番下までスクロールすると、残高が表示されています。

また、iPhoneの「設定」からでも確認することができます。

「iTunes StoreとApp Store」を選択、「Apple ID」をタップし、「Apple IDを表示」を選ぶと出てくるアカウント画面で、残高が確認できます。

さて、次はチャージしたお金を使う方法を見ていきましょう!

App Store & iTunes ギフトカードをチャージした残高の使い方

チャージした残高で、好きなデジタルコンテンツを購入したり利用したりできます。

具体的には

・iTunes Storeで音楽や映画を購入・レンタル

・App Storeで有料アプリを購入

・アプリ内の有料アイテムを購入・ガチャを引く
・iBooks Storeで電子書籍を購入

・Apple Musicを利用

などです。

iPhoneにチャージした残高の使うには、各コンテンツを購入する際に、Apple IDのパスワードを入力するだけです。

例えば有料アプリを購入したい場合、App Storeを起動して購入したいアプリを選択、「購入」をタップするとApple IDのパスワードの入力画面が出てくるので、そこにパスワードを入力します。

有料アプリ以外でも、似たような画面表示があるので、ほぼ同じ方法で購入が可能です。

他の決済方法(クレジットカードなど)とiTunesカードを併用する場合は、iTunesカードでチャージしたものが優先的に使用されます。

チャージ分がなくなったら、自動的に他の決済方法に切り替わります。


Apple Musicなど定額サービスの支払いは、常に十分な金額をチャージしておく必要があります。

残高がなくなってしまうと、次回の更新がされずに契約が切れてしまいます。他の決済方法がある場合は、そちらの方法に自動的に変更されます。

他の決済方法もあるけどiTunesカードのみで支払いしたいという場合は、支払い方法を切り替えておくことをおすすめします。

iPhoneの「設定」を開き、「iTunes StoreとApp Store」、「Apple ID」、「Apple IDを表示」の順に進んでパスワードを入力、「お支払い情報」をタップして「なし」を選択、これで右上の「終了」をタップすると変更が完了!

ちなみに、Apple製品本体(iPhoneやiPad、Macなど)や周辺機器・アクセサリの購入は、iTunesカードではできません。

あくまでデジタルデータのみ、購入可能です。

App Store & iTunes ギフトカードをその場で購入してすぐに利用できる方法をご紹介!

ここまで、App Store & iTunes ギフトカードの購入方法と使い方をご紹介しました。
App Store & iTunes ギフトカードは便利なカードとは言えど、今すぐ使いたいときにApp Store & iTunes ギフトカードが手元になければ使うことができません。

「今すぐ使いたいけどApp Store & iTunes ギフトカードが手元にない!」
「クレジットカードが使えない」

そんな悩める女子におすすめなのが、「App Store & iTunes ギフトカード」。

App Store & iTunes ギフトカードとは、iTunesカードの裏面に記載されているコードをネット上で購入ができるものです。
「au Online Shop」にて購入することができます。

コンビニや家電量販店に行って購入しなくても、「au Online Shop」上で購入ができるのでその場ですぐに使うことができてとても便利なのです♪

購入方法はとっても簡単!
上記のURLから、500円・1500円・3000円・5000円・10000円・バリアブルのApp Store & iTunes ギフトカードの中から選び、auIDとパスワードを入力し「au Online Shop」にログインします。

ログイン後、「ご注文内容の確認」ページに飛ぶので「この内容でご注文を確定する」をタップします。
すると、画面にApp Store & iTunes ギフトカードのコードが表示されるので、タップするだけでチャージが完了されます。

支払いは、月々の携帯料金と一緒に支払う「auかんたん決済」になります。

今すぐ課金がしたいときや、わざわざコンビニや家電量販店に買いに行くのが面倒な方は、ぜひ一度利用してみてくださいね。

iPhoneでApp Store & iTunes ギフトカードをチャージする方法と使い方まとめ

iPhoneでApp Store & iTunes ギフトカードをチャージする方法と、その具体的な使い方を解説しました。

細かく説明してきたのでなんだか難しそうですが、要は、コンビニや家電量販店でApp Store & iTunes ギフトカードを購入する、App Store & iTunes ギフトカードのコードをiPhoneで読み取る・入力する。

これだけでiPhoneにチャージ完了。好きな音楽や映画、アプリなどの有料コンテンツを購入することができます。

チャージした金額分しか使えないので、欲に負けて使いすぎる心配もありません。

とても便利なプリペイドカードなので、iTunesカードというものがあって、こんな風に使う、ということを覚えておくといいでしょう。
23 件

この記事が気に入ったらシェアしてね♪

- 関連するタグ -