Apple Watchの各モデルの機能を比較してみた!

2017/12/18

Apple Watchは、iPhoneを開発しているApple社の新カテゴリー商品です。 名前の通り腕時計型のウェアラブルデバイスで、2015年に初代Apple Watchが発売され、現在はseries1〜series3の3世代目のモデルまで出ています。 各世代では一体どのような違いがあるのでしょうか。 Apple Watchシリーズ各モデルの性能や機能を比較してみましょう。
Apple Watchの各モデルの機能を比較してみた!

2018年のトレンドカラーは「ピンク」「イエロー」に決定!今年はこのデザインが流行る!!

Apple Watch各モデルの機能比較

現在Apple Watchは大きく分けると、

・Apple Watch series1
・Apple Watch series2
・Apple Watch series3 GPSモデル
・Apple Watch series3 GPS + Cellularモデル

と、4種類あります。

さらに細かく分けると、ナイキのモデルやエルメスのモデルなどありますが、デザインが違うだけでスペックや機能面は他のモデルとほとんど同じです。

まずは機能面の紹介ということで、メイン4つのモデルを比較していきます。

ディスプレイサイズは全機種共通で、272px × 340pxと312px × 390pxの2種類が用意されています。
ディスプレイの明るさは、series1は450ニトなのに対し、series2とseries3は1,000ニトと、series1の約2倍の明るさになっています。

CPUは、series1がS1Pチップデュアルコア、series2はS2チップデュアルコア、series3はS3チップデュアルコアと、各世代で進化を遂げて処理スピードが上がっています。

ストレージはseries1・series2とseries3のGPSモデルが8GBで、series3のGPS + Cellularモデルは倍の16GBです。

series2以降はGPSにも対応し、内蔵されるセンサーの種類も増えました。
心拍センサー、加速度センサー、ジャイロスコープ、環境光センサーの4つのセンサーに加え、series2・series3では気圧高度計が追加されました。

ワイヤレス通信は、series1・2ではWi-Fiのみだったのに対し、series3からはLTEやUMTSでの通信が可能になりました。

ただし、こちらはGPS + Cellularモデルのみです。
他にも、耐水性能がアップしたり、Siriが文字入力のみ可能だったものから、話せるSiriに対応したりと、世代を追うごとに細かい性能も進化しています。

series3のGPS + Cellularモデルは単独での通信が可能

細かい機能の進化もたくさんありましたが、一番大きな進化はseries3でしょう。

Apple Watch series3 GPS + Cellularモデル以外の機種は、通信がWi-Fiのみだったので、基本的にiPhoneも一緒に持ち歩いていないとApple Watchを活用できませんでした。

それがseries3のGPS + Cellularモデルでは、Apple Watch単体で通話が可能になったり、メッセージの送受信ができるようになりました。

iPhoneで使われているnanoSIMカードはサイズ的な問題で入らないので、eSIMというカードを内蔵することにより、LTE通信が可能になっています。

電話番号は現在使用しているiPhoneと同じ電話番号を使います。

電話番号をiPhoneとシェアすることで、iPhoneが手元にないときでもApple Watchのみで通話できる仕組みになっています。
今までApple Watchと一緒にiPhoneも持ち歩かなければならなかったので、ユーザーからは不満の声もありました。

Apple Watch単独で通信できるようになって、Apple Watchを使うためにiPhoneを持ち歩く必要がなくなり、Apple Watchを装着するだけで通信が可能になりました。

この変化が、多くの人の生活スタイルを変える可能性もある、そんな声も多くあります。

Apple Watchケースやバンドなどの組み合わせを含めると全38種類

初めのほうにちらっと述べたように、Apple Watchシリーズはスペック以外でもバンドやケース素材の違いにより、さらに細かく分類されます。

その数、なんと38種類です。

スペックではなくケース素材で分類すると、

・ステンレス製のApple Watch
・アルミ製のApple Watch Sport
・18k製のApple Watch Edition

の3つに分類されます。

Apple Watchは質感が高く、ビジネスシーンにも最適で多彩なバンドの組み合わせが可能です。バンドの種類は6種類です。

Apple Watch Sportは、名前の通りスポーツに最適のモデルで、シリーズ最軽量、カラフルなスポーツバンドと組み合わせてポップなデザインになっています。
バンドは5種類から選べます。

Apple Watch Editionは高級な特別モデルになっていて、バンドも特別使用で3種類の中から選ぶことができます。

Apple Watchは全モデル42mmと38mmの2種類がされていますが、対応する腕のサイズが違うほか、S/M/Lといったサイズが用意されているバンドも存在します。

各バンドのサイズ一覧がAppleの公式サイトで公開されているので、購入前にはそちらをよくチェックしてください。
また、Apple直営店などで試着が可能なので、購入する際は試着してみることをおすすめします。

Apple Watchの購入は「au Online Shop」がオトク!?

Apple Watchの購入を考えている方は、「au Online Shop」での購入をおすすめします♪

「au Online Shop」とは、auが運営している公式通販サイトで、2500点以上のiPhoneや携帯電話、周辺機器等を取り扱っています。
もちろん、Apple Watchも取り扱っていますよ。
さらに、新規購入や機種変更の手続きまでも「au Online Shop」で可能なので、とても便利です。

わざわざ直営店まで足を運んでまでApple Watchを買う必要もなく、待ち時間なくスムーズに購入できるのが、「au Online Shop」の良い所。

また、auWALLETポイントを利用することが可能で、ポイントでApple Watchを購入することもできちゃいます。
日本全国、送料無料なのも嬉しいところですね♪

Apple Watchの購入を考えている方は、「au Online Shop」での購入も考えてみてはいかがでしょうか?
Apple Watchはこちらから♪
au Online Shop

Apple Watchの機能比較まとめ

Apple Watchの機能比較やモデル比較をご紹介しました。

スペックで大きく分けると、series1〜3 + series3GPS + Cellularモデルの4種類です。

その中でもseries3GPS + Cellularモデルのみ、単独での通信が可能。そのためiPhoneを一緒に持ち歩いていなくても通話やメッセージのやりとりができて実用的です。

ケース素材で分類するとステンレス製・アルミ製・18k製の3種類。アルミ製はスポーツに特化していて18k製は高級モデルになっています。

さらにバンドもモデルごとにたくさんあり、画面サイズも2種類ずつ用意されています。
Apple Watch購入を考える際は、機能面やデザインをよく調べて、できたら試着までしてから購入しないと、失敗する可能性が出てきます。

あると思っていた機能が搭載されていない、腕のサイズとバンドのサイズが合わない。そういったことが起こってしまいます。

安い買い物ではないので、購入前の事前調査は必須です。
Apple Watchを購入を考えている方は「au Online Shop」をぜひチェックしてみてください!
au Online Shop
16 件

この記事が気に入ったらシェアしてね♪

- 関連するタグ -