GooglePlayの不正利用とは。不正請求が来たときの対処法

2018/03/28

主にAndroid端末向けデジタルコンテンツの配信サービスであるGooglePlay。このGooglePlayに不正ログインされてしまうと、登録してあるクレジットカードで勝手に決済されてしまう場合も。今回は、不正利用を防ぐ方法や、不正利用されてしまった時の対処法をご紹介していきましょう。
 GooglePlayの不正利用とは。不正請求が来たときの対処法

GooglePlayを不正利用されないためには

まずはGooglePlayを不正利用されないために、Googleアカウントのパスワードを複雑なものにしておきましょう。
GooglePlayはGoogleアカウントでログインするため、パスワードを複雑にしておくことで不正利用の防止に有効だと言われています。
パスワードを誕生日や1111など簡単なものにしておくと、簡単に推測できてしまうため、不正利用の対象になりやすいのです。

また、Google以外のアカウントやWebサイトのパスワードなどと同じものを使い回すのも危険です。
1箇所でパスワードの流出が合った場合に、全てのアカウントに被害が拡大してしまいますので注意が必要です。

パスワードを複雑にするほかに、2段階認証を設定するのも有効なセキュリティ対策です。

2段階認証は、パスワードに加え、Googleから端末に送られてくるコードを入力しないとログインできない仕組みです。
2段階認証を設定しておくとGooglePlayを不正利用するためには携帯端末本体を手に入れなければならないため、セキュリティの精度があがるのです。

ログイン時は少々手間がかかるのですが、用心しておきたいという方はぜひ設定しておきましょう。

では、次は実際に不正請求が来てしまったときの対処法を見ていきましょう。

GooglePlayが不正利用され、不正請求がきてしまったら

9 件

この記事が気に入ったらシェアしてね♪

- 関連するタグ -