胸キュンエピソード9選♡聞くだけでキュンキュンしちゃう恋物語

2017/01/10

「こんな恋がしたい!」恋愛ドラマや少女漫画を読んだ時、女性なら多くの人がそう思うのではないでしょうか。でも忙しいあなたはキュンキュンする恋愛をするにはちょっと難しいですよね。そんなあなたに聞くだけで胸がキュンとするような胸キュンエピソードを9つ厳選しましたので、ぜひ胸キュンしたい時に読んでみて下さいね。
胸キュンエピソード9選♡聞くだけでキュンキュンしちゃう恋物語

胸キュンエピソードは女の子をキレイにちゃうんです♡

胸がキュンキュンするエピソードを聞くと、それだけで気持ちがぐっと上がったり、恋がしたくなる気持ちが強くなったりするものですよね。
つまり胸キュンエピソードには、女性を綺麗にする力が備わっていると言っても過言ではないんです。

そこで今回は女子なら絶対にキュンキュンしちゃうエピソードをいくつかご紹介したいと思います。
胸キュンしたいと言う女の子はぜひチェックしてみて下さいね♪

【胸キュン不足のあなたにはFODで胸キュンを補給しよう】

リッチマン

胸キュンエピソード1|花火大会デートの夜、片思いの彼から手を握られて……

花火大会の日に片思いの彼とデートの約束を取り付けた私は、この日に絶対告白するって決めていました。
だけど、気合を入れて着ていった浴衣を「可愛い」と照れくさそうに褒めてくれた彼に想いが募って、いつまでたっても「好き」の言葉を伝えることができませんでした。

花火大会が終わって帰ろうとする人の波が動き出した時、彼が「危ないからもう少し人が居なくなってから帰ろう」と言いました。
私は「うん」と言いましたが、その後も彼との間に会話はありません。ようやくあたりに人が居なくなり、意を決して「あのね」と言葉を発したとき、彼にいきなり手を握られました。

そして「待って、俺から言いたことがあるから」と手に力を込めて言われたんです。

私が「うん」と彼の言葉を促すと「好きです」と一言。

手を繋ぎながら言われたせいで、思っていた以上に顔が熱くなってしまいましたが、それでも「私も」と声を振り絞りました。

「本当に?俺の彼女になってくれる?」と嬉しそうに笑った彼の笑顔が、今でもキュンキュンして忘れられません。

胸キュンエピソード2|卒業式に胸キュン!告白したら「ごめんね」と断られ……

学生時代に片思いしていた男の子に、卒業式で告白しようと彼を呼び出したんです。
いつも通り元気な笑顔で登場した彼は「告白される」なんて雰囲気を微塵もまとっていなくて、
私のことを女の子として意識していないんだなと思い知らされました。

だけど今日は告白すると決意していたので、思い切って彼に「好きです、付き合って下さい」と告げました。
けれども彼から帰ってきた言葉は「ごめんね」の一言。
私は恥ずかしくなって「そうだよね、変なこと言ってごめんね、
これからも友達として仲良くしてくれると嬉しいな。それじゃぁ、私、帰るね」と早口でまくしたてました。

すると彼は走り去ろうとする私の腕を掴んだんです。私は驚いて足を止めました。
彼はそんな私にもう一度「ごめんね」と言いました。
私は「もういいよ」と心の中で思っていましたが、彼の言葉は続きます。
「女の子からそんなこと言わせてごめん。でも俺好きとかあんまり考えたこと無くて、でもお前ともう今迄みたいに話しできなくなったりするのは嫌だなって今、すごく思った。」と一生懸命本音を伝えてくれたんです。

その彼とはしばらく友達関係を続け、3か月後に付き合うことになりました。
お互いに想いが通じた瞬間は、今でも素敵な思い出です。

胸キュンエピソード3|年下男子に翻弄されて…

当時私には付き合って1年の彼氏がいたのですが、
バイト先で知り合った年下の男の子に想いを告げられ困惑していました。
その男の子のことは可愛いと思っていたし、お気に入りの後輩でしたが、恋愛感情を抱かれている何て思ってもいなかったんです。

それに彼氏のことも好きでしたし、別れて後輩と付き合うと言う選択肢は私の中にはありませんでした。

ところがある日、休憩が重なり2人きりで休憩室にいる時に後輩が私に

「先輩って彼氏さんのことどれくらい好きなんですか?」

と聞いてきたんです。
私は「すごく好きだよ。今の彼氏は初めて付き合った人だし、1年ってやっぱり重みがあるよ。」と答えました。

すると彼は「いいなぁ、俺も先輩の彼氏になりたい。
彼氏になって、先輩の初めてを全部おれの物にしたい」と目を見つめて言ってきました。

この言葉にかなり動揺した私ですが、気付けば心臓はキュンキュンしてドキドキしっぱなし。
それからしばらくして私は彼氏と別れ後輩と付き合うことを決めました。
後輩とはすでに3年間交際が続いていて、変わらずラブラブです。

あの時に、彼の嬉しすぎる本音を聞けて良かったなと今でも思っています。

胸キュンエピソード4|最高の誕生日

ある年の誕生日のこと。
長年付き合っている同い年の彼氏Kくんと、休みの日にデートを楽しんでいました。
この日は私の誕生日。長年付き合っているせいか、いつもと変わらないデート。

夕方になり「そろそろ家に帰るのかな?」と思っていた矢先、彼氏が帰路とは真逆の方向へ進んでいきました。
「どこに行くの?」聞くと、「これからフェリーに乗るよ」と伝えられ突然フェリーに乗せられることに・・・。

何が何だかわからずにフェリーに乗ると、カップル専用のディナーコースが用意されていました。
なんとサプライズで私の誕生日を祝ってくれたのです!
幸せな気持ちでいっぱいの私は、彼氏とディナーしながらクルージングを楽しみ、いよいよデザートの時間。

私の大好きなデザートをワクワクしながら待っていると、周りの人とはまったく違うものが運ばれてきました。
そこには「ハッピーバースデー」と書かれたケーキが・・・・。

ケーキだけでもとても嬉しかったのですが、さらにネックレスをプレゼントでもらって大喜び♪
ですが、彼氏からのプレゼントはそれだけではなかったのです。

プレゼントの中を見ると、彼氏からの手紙が・・・。


「こんなことしたいと思ったのは君が初めて、来年も同じように祝わせてね」


普段は口下手で気持ちを伝えるのが苦手なくせに、手紙で想いを伝えてくれたことがとても嬉しかったです。
この瞬間、世界で一番幸せ者は私だと本気で思いました(笑)

食事のあとは、フェリーを散策して夜景を一緒に見ながら彼氏との楽しい時間を過ごしました。
今でも忘れられない、キュンキュンした素敵な誕生日です。

胸キュンエピソード5|わがままを2つ聞いてあげる権利

2年前の夏の話です。
当時私には付き合っている彼氏がいたのですが、関係はあまり上手くいっておらず、
そんな彼氏の愚痴は、決まって幼馴染のSくんに近所の居酒屋で聞いてもらっていました。

Sくんはいつでも優しく、彼氏の愚痴やくだらない話を「うんうん」と聞いてくれるいわゆる「優男」。
私の話すことは全て聞いてくれるので、女友達よりも居心地が良く、正直男としては見られないけど、とても大切な親友です。

とある日。
いつものようにSくんと飲みの約束をしていたのですが、私は待ち合わせに大遅刻!
その上、Sくんが手配してくれたお店をキャンセルし他のお店に急遽変更するというわがままっぷりを大発揮(汗)

「あー、さすがにヤバイ。優男なSくんでも怒ってるだろうなー。」と待ち合わせ場所へ急ぎました。
待ち合わせ場所に着き、Sくんに速攻謝罪。
大遅刻した挙句お店も急遽変更したのに、嫌な顔一つ見せないSくん。

本当に申し訳ない気持ちでいっぱいな私は、その日はお詫びとして「わがままを2つ聞いてあげる権利」をSくんにあげました。

優しい人なので、権利をあげたところで行使することもなく普段と変わらない飲み会がスタート。
いつものように彼氏の愚痴や、くだらない話を「うんうん」と聞いてくれるSくんに「やっぱり居心地いいな~。」と改めて感じていました。
そろそろ解散する流れになった頃、ほろ酔いだった私はSくんに「わがまま2つ聞いてあげる権利使わなくていいの?」と聞いてみました。

すると二言だけ・・・、


「別れて」
「付き合って」


最初は頭の中にたくさんの「?」マークが思い浮かんだのですが、理解できた瞬間久しぶりにキュンキュンしました。
胸キュンな出来事から2年が経ちますが、現在は当時付き合っていた彼氏と別れてSくんと付き合っています♪

友達から彼氏となったSくんは、友達だったとき以上に優しく男らしくて毎日がハッピーです☆

胸キュンエピソード6|ノート

私が高校3年の時の胸キュンエピソード。
昼休みが終わり、次の授業が数学だったので授業の準備をしていました。
教科書もしっかり開き、ノートを開いた瞬間小さいメモ紙が床にひらひらと落ちていきました。

「ん?なんだろ?」と思い、床に落ちた紙を拾い見てみると「好きです」の一言が・・・。
それを見た瞬間、単なるイタズラだと思い、その紙を捨て無かったことにしました。


「好きです」と書かれた紙の事を忘れかけていたある日、教室にノートを忘れたことに気が付き、取りに教室へ戻りました。
すると私の机の前で、一度も話したことのないIくんが私のノートに何かを挟んでいる姿が・・・!
その場で話しかける勇気が出ず、Iくんがいなくなるのを隠れて待っていました。
Iくんがその場を去り、すかさずノートを確認すると「好きです」の紙が・・・。


当時の私はIくんに興味がなく、「Iくんだったんだ」くらいにしか思わなかったのですが、今思うと「ドラマチックだな」と心がトキメキます。
キュンキュンする素敵な青春時代をありがとう。

【胸キュン不足のあなたにはFODで胸キュンを補給しよう】

テラスハウス

胸キュンエピソード7|身長差

これは私は高校生の時に体験した、胸キュンエピソードです。

私は昔から身長が高く、高校1年生の頃175センチ以上ありました。
すごく痩せていて目も一重でキツイ顔をしていたので、良くも悪くも海外のファッションモデルっぽい雰囲気だったのです。

高校にいる男子達は、小柄で可愛い雰囲気の女の子達ばかり優しくします。
イジメられているわけでは無かったのですが、男子に「のっぽ」と身長の事でいじられるたび、「男のくせに、私よりチビなんてダサい」と返していました。

でも本当は「なれるものなら私だって、小さくてかわいい女の子に生まれたかった」と泣きたい気持ちでいっぱいだったのです。

高校では中学の頃より、私の身長を追い抜いていく男子が出てきましたが、それでも私より身長が低い男子がたくさんいました。

ある時、掃除をさぼっていた数人の男子たちに「掃除ちゃんとやってよ」と言ったところ、一人の男子が「ったく、のっぽがうるせえな」と言い返してきたのです。

私は中学の頃よりも外見について気にしていたので、身長のことを言われて少し泣きそうになりました。
ですが、それを顔に出したら余計に惨めだと思い、「あなたの方が私よりチビじゃない」と強がって言い返しました。

そんな言い合いをしていると、掃除をしていた学級委員長の男子が私の目の前に立ちました。
彼は小学校の時から成績優秀でスポーツ万能。
時より冗談を言ってみんなを笑わせる、最強のモテモテ男子でした。

それでも私は自分より背の低い彼に、恋心を抱いたことは一度もなかったのです。

そんな学級委員長が私の顔をのぞきこむようにしながら

「そんなにノッポとかじゃないって、ほら」
と言って、私の頭に優しくポンと手を乗せたのです。そして…

「なっ、オレと同じくらいか、そうでなくてもきっと抜くよ」
ニッとした笑顔で私の髪を軽くクシャッとなでました。

その言葉と笑顔に私はもう胸キュンせずにはいられないのでした。
これで終わりではありません、まだ胸キュンは続きます。

彼とはすごく仲良くなれたわけではありません。
顔を合わせると、少し話す程度。

ですが2年生になった時、彼がわざわざ話しかけてきました。

「もう俺の方が身長高いよ」

そう言って彼は私をのぞきこみ、私は2度目の胸キュンを味わいました。
付き合うといった事はなかったのですが、この胸がキュンとするエピソードは、いまだに私の心の支えになっています。

胸キュンエピソード8|俺の好きにさせてもらうね

私がついこの間体験した、キュンとするエピソードです。

私の彼はイケメンですが、いわゆる草食系に近いタイプで、告白も私からしてようやくカップルになりました。
付き合ってからも名字呼びだし、デートを誘うのはほとんど私と、何かと寂しくもありましたが、彼が大好きだったので満足していました。

カップルになってから初めて迎える私の誕生日。
それとなく誕生日の事を伝えていましたが、普段の彼からしてあまり期待していませんでした。

誕生日はデートの約束を既にしていたので、いつも通り待ち合わせの場所へ。
すると、彼が突然宣言してきました。

「今日は、俺の好きにさせてもらうね」

聞いた瞬間ハテナが飛び、何を言っているんだと驚愕。
笑いながらむしろ誕生日は私でしょー!と言うと、軽く首を振って手を握ってきたんです。

「俺の好きに、エスコートさせて」

いつもの彼なら考えられない行動と発言に、一瞬私は何を言われたか理解が追いつきませんでした。
今回のデートは彼がすべてセッティングしたものに連れて行かれたので、彼の宣言通りとなりました。
さらにデート中手を繋いだりと、スキンシップが多く、私はタジタジ。

デート終わりに近くの公園で、私には勿体無いくらいのプレゼントまで用意してくれました。
私は彼にいつもと様子が違う事を訪ねました。
すると彼は少し恥ずかしそうに、いつも誘ってくれるお礼がしたかった、と赤くなりながら言いました。
なんだかいつもの彼に戻った気がして、私は彼がどうしようもなく愛おしく思えました。

少しだけいじわるな心が働いて、彼に名前を呼んでほしい!とおねだり。
彼は照れながらも、私の名前を呼んでくれました。

胸キュンエピソード9|壁ドン

私は少女漫画みたいな胸キュンエピソードを体験したことがあります。
それは、私が学生時代のアルバイト中での出来事です。

私は学校付近にあるカラオケ店でアルバイトをしていました。
時間帯によってはお客さんのいない時もあったので、その時は厨房でアルバイト同士仲良く話したりしていました。

いつも通り厨房で話していると、突然大きめな地震が起こりました。
結構揺れた事に対して驚き、私が突っ立っていると、近くにいた先輩が私を壁側に押し、いわゆる"壁ドン"をしてきたんです!

先輩の突然の行動に驚いていると、私の前にあったグラスが地震の揺れによって倒れ、落下し始めました。
グラスが派手に割れる音や地震の揺れの恐怖で心臓がバクバク。
さらに、目の前には先輩がいて、壁ドンして守ってくれたという事実に心臓がドキドキ。
とにかく私はパニックになっていました。

私が無言で先輩の腕の中に収まっていると、

「大丈夫?怪我なかった?」

と、私の顔を心配そうに覗き込んできました。
壁ドンの体勢のままだったので、先輩の息がかかるほど近く、私の頭は真っ白に。

今まで先輩を男性として意識した事がありませんでしたが、この一件での先輩の男性らしさに私の心は奪われ、そのまま好きになってしまいました。
少女漫画のような胸キュン体験をすると、思わず好きになってしまうんだな、と実感。

少女漫画などで壁ドンな展開を見ると、当時を思い出して胸がキュンとしてしまいます。

終わりに

胸キュンな出来事って、自分の周りには起こりにくいですよね…
そこで今回は、胸キュンエピソードを厳選して、

 

胸キュンエピソード

  • 胸キュンエピソード1|花火大会デートの夜、片思いの彼から手を握られて……
  • 胸キュンエピソード2|卒業式に胸キュン!告白したら「ごめんね」と断られ……
  • 胸キュンエピソード3|年下男子に翻弄されて…
  • 胸キュンエピソード4|最高の誕生日
  • 胸キュンエピソード5|わがままを2つ聞いてあげる権利
  • 胸キュンエピソード6|ノート
  • 胸キュンエピソード7|身長差
  • 胸キュンエピソード8|俺の好きにさせてもらうね
  • 胸キュンエピソード9|壁ドン

 

以上9つの胸キュンエピソードをご紹介しました。
でも、女性なら誰しも、日頃からキュンキュンとするような体験をしたいはず!

 

そんな方には、無料で出来る、恋愛スマホゲームはいかがでしょうか。
きっとキュンキュンすること間違い無しです!
今や多くの女性が、恋愛ゲームを日々の糧にしているそうなんですよ!

 

 

胸キュンエピソードとあわせて胸キュンセリフはいかがですか?

 

イケメン戦国、田信長の妄想話のような胸キュンエピソードが知りたい方は、

胸キュンセリフで心ときめく。一度は言われてみたいキュンとするセリフ

を、ご覧ください♪

 

また、他にも胸キュンエピソードを知りたい方は、

高校生の胸キュンエピソード3選|彼の言葉にキュンとした。

彼氏の胸キュンエピソード3選|照れて笑う彼にキュンしたんです。

恋愛体験談|たまんなくキュンするエピソード3選【実録】

告白キュンエピソード3選|ずっとあなたが好きでした。

キュンとさせるセリフで男子を夢中にする【胸キュンエピソード】

を、ご覧ください♪

 

36 件

この記事が気に入ったらシェアしてね♪

- 関連するタグ -

- こんな記事も人気です -

胸キュン体験談3選|キュンとする切なさが愛おしいエピソード集

胸キュン体験談3選|キュンとする切なさが愛おしいエピソード集

胸がキュンとするエピソードってドラマや漫画だけの世界と思っていませんか?そんな事はありません。ドラマや漫画のようなときめき、現実のキュンとする切ない体験はリアルでも起きうるんです!そこで今回は、胸キュン体験談を厳選してご紹介します。

2017/03/09

記事詳細へ
カップルエピソードにキュン!思わずニヤけるエピソード3選

カップルエピソードにキュン!思わずニヤけるエピソード3選

胸キュンエピソードの中でも、カップルでのエピソードは外せません。想いあったカップルだからこそ繰り広げられるエピソードは、見たり読んだりしているだけでキュンとしてきます。そこで今回は、厳選したカップルエピソードをご紹介します。

2017/03/09

記事詳細へ
漫画みたいな恋愛エピソード3選|壁ドン・なろ抱きにキュン!

漫画みたいな恋愛エピソード3選|壁ドン・なろ抱きにキュン!

胸キュンエピソードの中でも、少女漫画のような胸キュン体験に憧れますよね。「壁ドン」や「なろ抱き」、運命と感じてしまう出会いなど、女性なら特に気になってしまうはず。そこで今回は憧れの少女漫画のような胸キュン体験をご紹介します。

2017/03/09

記事詳細へ