今さら聞けない!iPhone7・8・Xの機能比較

2017/12/15

毎年新しい機種が出るたびに世間で大きく取り上げられ、話題になるアップル社のスマートフォン、iPhoneですが、旧機種と新機種にはどのような機能の差があるのでしょうか。 2016年に発売されたiPhone7と、2017年に発売されたiPhone8・iPhoneXの機能を比較していきます。
今さら聞けない!iPhone7・8・Xの機能比較

iPhone7・8・Xの機能比較|3機種の基本スペック

まずは各機種の基本的なスペックを見ていきましょう。

iPhone7まではストレージが32GB・128GB・256GBの3種類から選ぶことができましたが、iPhone8・iPhoneXでは64GB/256GBの2種類になりました。

画面のサイズは、iPhone7とiPhone8が4.7インチ、iPhoneXが5.8インチです。

画面解像度はiPhone7とiPhone8が1,334×750ピクセルで、iPhoneXは2,436×1,125ピクセルになります。

画面サイズと画質に関しては、iPhone7とiPhone8は同じスペックで、iPhoneXでは大きくなっています。

バッテリーの持ちも、iPhone7とiPhone8はほぼ同じで最大約13時間なのに対して、iPhoneXは15時間ほど持つようになりました。

プロセッサはiPhone7がA10なのに対して、iPhone8とiPhoneXはA11プロセッサを使っており、処理性能が上がったのでよりサクサク動きます。

カメラは3機種とも1,200万画素ですが、iPhoneXのみ広角カメラと望遠カメラに対応しています。

また、iPhone7から初めて防水・防塵対応になりましたが、iPhone8・iPhoneXでは防水・防塵機能がさらに強化されました。

こうして基本スペックを比較してみると、iPhone7からiPhone8、Xへはグンと性能が向上しているように思えますね。

次は機能を比較してみましょう。

iPhone7・8・Xの機能比較|機能の比較

15 件

この記事が気に入ったらシェアしてね♪

- 関連するタグ -