【厳選】失恋から立ち直る女子に向けた映画3選。

2017/09/05

大好きだった人との別れはとても辛く苦しいもの。「このままじゃダメ」「だけど彼が忘れられない」という気持ちが葛藤していると思います。そんな失恋から立ち直る女子に向けた映画を3選ご紹介します。
【厳選】失恋から立ち直る女子に向けた映画3選。

失恋したときに観たい映画とは

「大好きな人と別れてしまった・・・」

失恋をすると、別れを受け入れることができず、何に対してもやる気を感じることができなくなります。
だけど、一方で立ち直ろうとする気持ちもありますよね。

そんなときは、失恋から立ち直れる映画を見て元気をもらいましょう。
素敵な作品に触れることで、心が温かくなりますよ。

失恋したときに観たいと思う映画は、2パターンあると思います。
1つ目は、今のあなたと状況が似ている作品。
あなたの今の状況と似ている作品を観ることで、共感が生まれ涙を流してスッキリするパターンです。

2つ目は、あなたを勇気づけるような温かい作品。
「私も前を進まなきゃ」と思わせてくれる温かい映画を観るパターンです。

人によって立ち直り方は様々なので、今回は思いっきり泣ける映画と心温まる映画をご紹介します。

サントラが欲しくなる!温かい音楽に癒される映画「はじまりのうた」

ミュージシャンの恋人デイヴ(アダム・レヴィーン)と共作した曲が映画の主題歌に採用されたのを機に、彼とニューヨークで暮らすことにしたグレタ(キーラ・ナイトレイ)。瞬く間にデイヴはスターとなり、二人の関係の歯車に狂いが生じ始め、さらにデイヴの浮気が発覚。部屋を飛び出したグレタは旧友の売れないミュージシャンの家に居候し、彼の勧めでこぢんまりとしたバーで歌うことに。歌い終わると、音楽プロデューサーを名乗るダン(マーク・ラファロ)にアルバムを作ろうと持ち掛けられるが……。
失恋した気持ちも吹き飛ばしてくれるような作品「はじまりのうた」

失恋した女子におすすめのポイントとしては、キーラ・ナイトレイ演じる主人公・グレタも失恋をして投げやりになっているところから新しい一歩を歩んでいくという設定ではないでしょうか。

ミュージシャンの恋人であるデイヴと共に作った曲が映画の主題歌となり大ヒットし、それを機にロンドンからニューヨークに移る2人なのですが、その矢先にデイブの浮気が発覚しグレタは家から逃げ出してしまいます。

まず、浮気が発覚するシーンがとても心苦しい・・・。
レコーディングで出張をしていたデイヴが帰宅しデイヴの作った新曲をグレタが聞くのですが、その曲はグレタのことを想って作った曲ではなく、新しく好きになった人を想って作った曲だと感じ取り浮気が発覚するのです。

「彼氏わかりやすいな・・・」と思いますが、はやり自分ではなく別な人を想って書いた曲は辛いものがあります。

悲しみに暮れるグレタでしたが、1人の音楽プロデューサー・ダンに出会い音楽活動をスタートさせることで、グレタの気持ちや行動に変化が起きます。

音楽活動を通して、大きな愛に気づいていく過程が、失恋をしているあなたの心を温かくしてくれるはず!!
「私も、やりたいことをやって、前へ向かって進もう」と前向きな気持ちにしてくれる1本です。

辛い思い出も含めて良い思い出だと思わせてくれる「エターナル・サンシャイン」

ジョエル(ジム・キャリー)は、別れた恋人・クレメンタイン(ケイト・ウィンスレット)が自分との思い出を消すために記憶除去手術を受けたことを知り、自分もその手術を試すが……。
まさに失恋中の女子に観てもらいたいのが、「エターナル・サンシャイン」

「マスク」で有名な俳優、ジム・キャリーが演じるジョエルの目線で描かれたSFラブストーリー。
この作品、最初は頭にハテナが思い浮かぶほど話しが理解しづらい展開なのですが、ストーリーが進むにつれて「なるほど!」と納得と展開の仕方に圧倒されます。

失恋した女子におすすめのポイントとしては、喧嘩別れしてしまった恋人がジョエルとの記憶を消したことを知り、自分もまた記憶消去しようとするシーン。
記憶消去の手術を申し込み、施術することになりますが、やはり彼女との楽しい思い出を消したくない!と思い止まります。
しかし、すでに手遅れであり結局記憶を消されてしまうのです。

ここまでの流れはとても切ない終わり方なのですが、実はこのあとの展開がミソなのです!!
「そういう展開で終わるのか!」と思わせてくれる終始、読めない作品となっています。

大好きな人との楽しい思い出はもちろん、辛い思い出も素敵な思い出の一部なのだと思わせてくれる作品です。

共感する女子続出!恋愛の苦さ楽しさが伝わる作品「そんな彼なら捨てちゃえば?」

いつも自分が空回りしてしまい、一向に運命の相手に出会えないジジ(ジニファー・グッドウィン)、同居して7年になるのに結婚する気のないニール(ベン・アフレック)と、本音を隠しつつも実は結婚したいベス(ジェニファー・アニストン)……。メリーランド州ボルチモアを舞台に、さまざまな事情を抱えた男女9人の恋模様が交錯していく。
男女のリアルな恋愛模様を描いたラブコメディ。
キャストには、ベン・アフレック、ジェニファー・アニストン、ブラッドリー・クーパー、スカーレット・ヨハンソンなど名立たるメンバーが集結しています。

会社の同僚であるジジ・ベス・ジャニーンを中心にストーリーが展開され、男女の結婚観、恋愛観の違いに「なるほどなるほど」と思えるような作品です。

失恋した女子におすすめのポイントは、ジジ・ベス・ジャニーンの恋愛に対する苦悩や葛藤の中で「このままでは幸せになれない」と先に進もうとする彼女たちの姿です。

気になる彼から連絡がなかったり、7年間交際していても結婚に発展しなかったり、旦那とは上手く行かなかったり・・・。
「あー、わかるわかる!」と思う場面がたくさん登場するので、自分事のようについつい観てしまいます。

ですが、3人の女性が先に進もうとする姿は、「自分も前向きにならないと」という気持ちにしてくれます。

まとめ

失恋から立ち直る女子に向けて映画をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

失恋から立ち直ることって想像以上に大変ですよね・・・。
仕事で上手く行かなかった時に励ましてくれてた彼がいなかったり、思い出の曲を聞くと彼を思い出したり。

失恋には相当の勇気が必要です。
すぐに立ち直ることは難しいかもしれません。
ですが、少しづつでも前を向いて新しい一歩を歩んでいきましょう。

そのためには、今回ご紹介した映画で少しでも気持ちが和らいでもらえたら嬉しいです。
14 件

この記事が気に入ったらシェアしてね♪

- 関連するタグ -